FC2ブログ

吹田傾聴「ほほえみ」

高齢社会、私たちには何ができるのでしょう。私たちも高齢者です。シニアピアカウンセリング。傍らに寄り添い耳を傾け、優しい時を過ごすボランティアです。

がんピアサポーター

今日、「がん総合相談研修プログラム策定シンポ」が、東京・大阪2元で結んで開催。

公益財団法人日本対がん協会主催で、大阪は、台風の中、成人病センターで。

2人に1人ががんに罹り、3人に1人ががんで死ぬ時代。

国を挙げて、また大阪府も条例を作って、取り組んでいる一環。

「がんピアサポーター養成講座」の研修プログラムが、来春に向けて検討中。

たたき台ができていて、その紹介と推進のためのシンポ。

研修の主眼の一つが、「傾聴」。

会場を、「傾聴」の言葉が飛び交っていた。今更の如く、「傾聴」の力を見た次第。

                 (「傾聴力」は凄いぜ@ほほえみKO)

スポンサーサイト



さあ!一緒に

子育て支援の傾聴講座が終了しました。

25人の受講生のうち 15人がほほえみの会員になり一緒に活動を

初めて下さることになりました。

どんな風に始めればいい? 活動場所は? 

みんな一緒、分かりません。

10月の間は、吹田市内の子育て支援の現場を見に行きましょ。

私たち傾聴ボランティアが、活動できそうな所、したい所を探しましょ。

そして11月2日にもう一度集まって みんなで考えられる場所や方法を考えよ~。

ボランティアって与えられるものでなく 自分で考え行動を起こすもの。

      (一からのスタート@ほほえみ M)


転ばないようにね。

施設内の個人への在宅訪問。80歳代の女性。訪問を始めて1.5年になる。

日本画がお上手、紙折り細工、俳句と、多彩な趣味をお持ちの才女。

例によって、他愛のないお話で、一緒に大笑い。

帰り際、私に、「転ばないでね。また会えると良いね」と、仰せ。

実は伏線があった。ご家族からの「敬老の日・感謝状」に、「転ばないように」とあったのだ。

少し、足元が心許ないので、私も、念を入れて申し上げたのだが・・・、

それを、私がチャンと言われてしまったという次第。

                     (お互いに転ばないように@ほほえみKO)
 


あと一日

後、1日を残すだけとなりました。

子育て支援傾聴ボランティア養成講座。

25人の方が都合を付けながら、参加くださっています。

子・己育ち相談リリーフの山本さん、小谷さんが講師を務めて下さり

両先生のファンが多く集まって下さっています。

120921_1040~01

IMG_1996_convert_20120925104208.jpg

お二人の優しいお人柄で傾聴されれば、誰でも癒されてしまうでしょう。

スキルを磨くより 人格を磨け! と教えられた気がしました。


       (お人柄@ほほえみ M)

せめて1時間だけでも、笑顔を

今日、定期の施設訪問。

いつものメンバーが7人来て下さった。

いつもと同じように、皆の顔に笑顔が広がる。

途中で、お風呂のお誘いがあったが、「今日は、お願いだから堪忍して」。

1週間で、たった1時間の笑顔でも・・・。

時折、皆さんの間で、会話も。こんな会話が継続してほしいな。

          (1時間の笑顔が、広がってほしい@ほほえみKO)

いいでしょ!

120920_2010~01

折り紙で作った8角形の箱。

本日訪問した施設で、94歳の方に教えていただきました。

フエルトで小物を縫ったりするのも好きですが、手も力が入らなく

なったし、針を使うと危ないからこの折り紙が暇つぶしをするのに

一番いい。体のあちこちが痛いけれど、何色と何色を合わせようか、

どの千代紙にしようかと考えていると何もかも忘れられていいのよ。

そんなお話をしながらでも、彼女の手は紙を持つと自然に動いています。

外国のお土産にとても喜ばれるの、と外国にいらっしゃる息子さんの

お話もしてくださいました。

           (楽しいひと時@ほほえみ M)

敬老の日

9月17日は敬老の日でした。 吹田市では小学校区に敬老会が委託され、

実行員会形式で行われています。

老人っていくつからなんでしょう。還暦や定年は60歳。

「船頭さん」の歌では ♪今年60のおじいさん~♪ と唄われている。

100歳の方が5万人超えの世の中、60歳はまだまだ子ども。

敬老会も75歳以上の方をご招待になってきました。

でも、認知症を病んでいる方が現在300万人を超えたとか。

元気で、しっかりと自分の人生を最後まで歩んでいきたいものです。

認知症にならないために…と言う キャッチフレーズをよく見かけますが、

多くの方とかかわってボランティアしていたら少しは認知症予防になるかも。

            (いくつになっても@ほほえみ M)

初めての在宅傾聴(2)

在宅訪問第二弾です

待っていたボランティアセンターの方から連絡があり、傾聴ご依頼者のお宅へ

伺う日を決めていただきました

本当は心優しい先輩方に「言ってくれたら一緒に行くよ。」とおっしゃってい

ただいていたんですが、私の段取りの悪さから、お知らせするには遅すぎるこ

とになってしまい、ボランティアセンターの方と2人で伺うことになりました。


今回のご依頼は対象の方のご長女さん宅で傾聴させていただくとのことで、私

が訪問する際にはご長女さんがおうちにいらっしゃる形で進むことになりました


「私はお腹に溜めとけない性格だから、言いたいこと言ってしまうの」と明る

くお話しされるのを聴いている間に、ご長女さん、ケアマネージャーさん、ボ

ランティアセンターの方に確認書を書いていただき、今後の日程等は私も加わ

って決めました

 さていよいよ今度から月2回の傾聴が始まります。いつも娘さんがいらっしゃ

るのが心強いです

         (新しい出会いです@ほほえみ  まお)

打ち合わせ

本日は、奈良県香芝市の社協さんと打ち合わせをしました。

現在活動しているボランティアさんが、話し相手として在宅訪問を

始めたが いろいろ困ることが出てきたので・・・・。

「傾聴」を学びたいとのご依頼でした。

在宅だけでなく、地域の茶話会・昼食会で高齢者の方とお話ししていて

スムーズにいかなかったり、後でボランティアさんがしんどくなったり。

普段のボランティア活動の中で、傾聴を生かせばもっと活動が楽しくでき

活動も広がるのではと企画下さったのです。

今年はすでに予定がいっぱいですので、来年2月末に3日、お約束しました。

      (奈良は橿原市も行きます@ほほえみ M)

親子の絆

特養で:

脚がご不自由で、車いす生活を送っていらっしゃる奥さま。

家に帰って、仏さんを拝みたい。それだけが今の願い、と仰る。

自宅は、比較的お近くだが、一人では帰れない。

息子さんがいらっしゃるけれど、滅多にお見えではない様子。

多分、施設に預けていれば大丈夫と安心されてのことかと思うが、

時には、顔を見せてあげてほしいな。

他の施設で:

とてもにこやかにお話をして下さる奥さま。

ある日、ある時、娘さんがお見え。その時のお顔は、まるで仏さんのように明るく、平和に、輝いていた。

ボランティアではどうしようもないけれど、何となくやるせない気分・・。


                       (親子の絆がもっと欲しい@ほほえみKO)

軽快に

8日の土曜日もある特養で納涼祭がありました。

毎年この施設ではグループ傾聴をして歌をうたっているので、

高齢者とボランティアが一緒に、ワンステージをつとめます。

今年は、入居者100人中8人が選ばれて前に出ました。

「リンゴの唄」「昭和長生き音頭」の2曲。

歌詞を大きくMさんが上手に書いてくださり 観客に向けて掲げ

一緒に歌いましょう!と言ったのですが、もう一つでした。

でも毎年ここでは、軽快な踊りとリズムが流れます。

120908_1727~03

本場の阿波踊り。菅笠の間から覗くお姉さんも美人ぞろい。

           (お囃子もいいね@ほほえみ M)

みのお市民活動センター

本日、箕面市のNPOからの依頼で「傾聴入門のコツ」と題してお話を

してきました。会員の居場所として傾聴喫茶を始めたいとこの講座を

「みのお市民活動センター」で開かれました。

箕面ビィソラの1階にあり立地もよく公設民営と吹田市のお手本となるセンターです。

吹田市では、阪急南千里駅前に「吹田市立市民公益活動センター」が9月4日に

オープンしたばかりです。

120708_1612~01

10年近くも遅れてやっとできたこのセンターができたことで、市内の市民活動が

繋がり 支えられ 広がってくれることを期待しています。

その運営にも関わっているのですが、10人の職員と共に頑張ります。

       (市民活動の活性化@ほほえみ M)
プロフィール

吹田傾聴「ほほえみ」

Author:吹田傾聴「ほほえみ」
五感を使って、ゆっくり呼吸合わせて優しくお話を聴くボランティアです。H30年度は吹田市内26か所の高齢者福祉施設を訪問し,在宅も含め年間延べ約1万人以上もの方に関わりました。子育て支援傾聴も8年目になりました。人は人によって元気をいただくことができます。吹田市民公益活動センターや吹田市社会福祉協議会の登録団体です。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR