FC2ブログ

吹田傾聴「ほほえみ」

高齢社会、私たちには何ができるのでしょう。私たちも高齢者です。シニアピアカウンセリング。傍らに寄り添い耳を傾け、優しい時を過ごすボランティアです。

10月の定例会

吹田傾聴「ほほえみ」では毎月の役員会と2か月に1回運営委員会、

運営委員会のない月に定例会を開催しております。

今日、10月30日は5週目の水曜日で、ボランティア活動がお休み。

そこで定例会が午後2時から3時半まで、吹田の男女共同参画センターで

ありました。

2時前には受付に長蛇の列ができるほどの大盛況。

50名近くの参加があり、8グループに分かれてグループワークをしました。

131030_1521~02

10年近く活動している者、まだ数か月の初心者が一つのテーブルを囲み

どんなことで困っている?迷っていることある?と気遣いながら、資料として

渡された事例をも含めてみんなでどうすればいいのかを話合いました。

活動施設も違うと初めて顔を合わす方も多く、初めまして・・・・。

でも同じ活動をしている「ほほえみ」のメンバーなら、意気投合。

ボランティアって人のためでなく自分のためね!声があちこちで聞こえました。

そうそう、それにこんなに豪華な綺麗なオレンジで統一したお花を、皆さんから

私は「出所祝い」に頂戴し 一番今日の果報者でした。

TS3J00740001.jpg

        (本当に有難う!@ほほえみ M)
スポンサーサイト



1年目の成果

阪急山田駅前にある「のびのび子育てプラザ」で活動させて頂き

そろそろ1年が経ちます。

本日はプラザのスタッフの方と子育て支援傾聴ボランティアが、

お話合いをさせていただきました。
131029_1108~01

いつもは赤ちゃん広場で小さいお子さん連れのお母さんたちが、

保育士さんの指導の元、手遊びや親子遊びを一緒に楽しむお部屋で

円陣を組んで とてもいい話し合いができました。

お互いにどこまで頼めばいいのか、どこまでしていいのかが分からず

遠慮しつつだったのがよく分かり、今後はもっと「傾聴V」と全面に出しても

いいですよと言って頂き にっこり。

またVにも遠慮なくできるお手伝いは言いつけて下さい、それがまたVの

勉強にもなるのでの意見にスタッフも納得下さいました。

来年2月の第2回養成講座で新人さんが増えても、更に活動場所としても

受け入れて下さるとのお答えにみんな、ほっと安堵しました。

          (みなさんの実績です@ほほえみ M)

文化祭

本日、金曜日は吹田市立介護老人保健施設での活動日でした。

1階入り口 ロビーに、デイや入所の方の作品展示がしてありました。

131025_1509~01

切り絵や刺し子、折り紙、書道、どんぐりクラフトなど皆さんが

リハビリに取り組まれた力作が並んでしました。

その横に、この施設で活動しているボランティアの紹介展示もあり、

「ほほえみ」として前回の活動風景の写真が展示してありました。

131025_1508~02

今日もボランティアは9名も集まり、賑やかに楽しく活動でき

前回の養成講座で終了した2名もだんだんと慣れて下さっています。

         (30日も定例会@ほほえみ M)

11月10日日曜日

復興支援すいた市民会議では、11月10日日曜日に

南千里の吹田市立市民公益活動センター(ラコルタ)で

「チャリティINラコルタ」を開催します。

charityevent.png


芋煮のふるまいや、この10月に福島にメンバーが行った報告会。

小さい子どもを抱えて3・11の震災にあった体験から、本当に

必要な防災グッズ紹介や体験談、写真展、チャリティコンサートなど

盛り沢山のイベントです。吹田に避難されている方も約70人ほど。

まだまだ復興が進んでいない現地を見て、これからどう支援していけば

いいかなど、更にみんなで考え 行動していかなくてはいけません。

         (少しでも覗いてね@ほほえみ M)

食事

施設での生活で一番の楽しみは、やっぱり食事。

131017_1210~01

最近では、彩にも気を遣い食器も味わいのあるものを

使用しているところが 多い。美味しいですかと尋ねると

「美味しいよ」「施設はこんなもんや」色々は答えが返ってくる。

今回、病院に入院してみて結構濃い味に驚いたのと、食べる者の

体調如何に大きく左右されると実感した。

手術後2~3日ほどは、もう食べることなんてできない状態。

でも今日退院前の昼食は、完食はできなくてもお腹が空いて

オカラが美味しかったです。

さあ、下界に戻ってぼちぼちとペースを取り戻します。

リハビリの先生が、「余りやりすぎず無理しないで」と言われ

「退院する人にこんな事言うの初めてよ。みんなには頑張ってと

言うのにね」。

       (はい、大人しくします@ほほえみ M)

車いす体験

施設訪問するとほとんどの方が 車いすです。

131002_1142~01

この車椅子は私が 先週お世話になった車いすです。

この後、押し車で今は杖のお世話になっております。

先天性の股関節変形のため 思い切って手術をしました。

平均3週間で退院となると聞き、「目指せ2週間!」と

頑張って筋トレなどやりすぎてか、内部出血が多くて

結局 2週間が無理。本日は外泊許可で帰宅してます。

ごく普通に歩く、生活する大変さを味わいました。

車いすの便利さ、有難さ。リハビリ室では多くの障害を

持った方と一緒に歩行訓練。外から見るのと当事者になるのと

大違い。手すりひとつにも 有難いと思いました。

         (もう少しで復活よ@ほほえみ M)

プロフィール

吹田傾聴「ほほえみ」

Author:吹田傾聴「ほほえみ」
五感を使って、ゆっくり呼吸合わせて優しくお話を聴くボランティアです。H30年度は吹田市内26か所の高齢者福祉施設を訪問し,在宅も含め年間延べ約1万人以上もの方に関わりました。子育て支援傾聴も8年目になりました。人は人によって元気をいただくことができます。吹田市民公益活動センターや吹田市社会福祉協議会の登録団体です。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR