FC2ブログ

吹田傾聴「ほほえみ」

高齢社会、私たちには何ができるのでしょう。私たちも高齢者です。シニアピアカウンセリング。傍らに寄り添い耳を傾け、優しい時を過ごすボランティアです。

10周年事業

本日の運営委員会で、来春 10周年事業の

実施が決まりました。

4月の総会後、5月末あたりで10年を振り返り、今後の

活動を見据えるための事業をしたいと思っています。

傾聴活動は、本当にささやかで静かな活動です。

日々のそんな活動を、10年もそれに年間6000人にも関わって

いる素晴らしい活動です。それを、目に見える形で表現して

表現することでわが身を振り返ることもできるのです。

活動の様子をステージで、見せて行くことを考えています。

それも、“全員参加”が合言葉。

みんなで一つの事をすることで、更に会がまとまる思います。

一緒にいい汗かいて楽しみましょう!!
      
           (笑顔でね@ほほえみ M)

スポンサーサイト



おニューです

吹田傾聴「ほほえみ」の紹介 リーフレット。

今までは、内部で作成 簡易印刷しておりました。

10年を機にGデザイナー・アートセラピストの友人

色々注文を付け、印刷までをお願いしました。

ロゴも考えて下さり、今後私たちの 名札などにも使用したいと

思っています。
140925_1146~02
 
優しい絵の 野の花がいっぱい咲いたパンフです。

またお手元に届いたら ご覧ください。
140925_1148~02

              (1000部印刷@ほほえみ M)

奈良県社協で

現在、奈良県社協からの依頼で半年にわたっての講座が

始まっております。

昨日も朝、7時半に出掛け、5時間講座をして帰宅したらもう当たりも暗い

6時半ごろ。橿原神宮駅の隣、畝傍御陵前駅に県社協の建物があります。

IMG_4466 a

来年の3月には、今30名のみなさんが、活動開始して下さることを、

目指しています。

30名のみなさんは、吉野町を始めにあちこちご遠方から参加下さり

熱心に学んで下さっています。

          (また来月に@ほほえみ M)

月1回ですが

先週、1件の在宅訪問活動が決まりました。

在宅と言っても、高齢者賃貸住宅にお住まいの方への訪問です。

利用者も訪問者も男性。

初回の訪問に立ち合いました。

お互いの自己紹介と、現役時代のお話から始まりました。

傾聴ボランティアに来てもらうのは初めてだから、いろんなお話を

聴かせて下さい。とおっしゃったのですが、

私たちボランティアが聴かせていただくのを楽しみに伺いますと

お話しました。

        (いい関係作りから@ほほえみ M)

は~い、チィーズ

IMG_4454 a


島本町で傾聴ボランティア「そよ風」さんの在宅傾聴活動研修会が

終わりました。4日間でしたが、みなさんと施設と在宅の違いを考えました。

吹田での経験をもとに、どんな準備が必要か。

どんなことが起きるだろうか?それを、防ぐにはどうしたら?

吹田では考えられない問題が、島本には有るかも知れません。

それは自分達の問題として、自分達で考えていかなければ・・・

みんなで考え、行動に移していくその楽しさを味わって欲しいと思います。

             (ボランティアの面白さ@ほほえみ M)

敬老の日

今日は敬老の日。

いったい何歳から、老人なのでしょうか。

日本では65歳以上が33%にもなっているそうです。

もちろん、今、65歳の方は老人なんて思う方はほとんどないでしょう。

60歳で定年を迎えてから、20年は平均寿命として残っています。

この20年は、もう一度 成人式ができる 年月です。

残された寿命をどう使うか。どう元気に過ごせるか。

大きな問題です。60の手習いではありませんが、前を向いて

初めての事にチャレンジする時間はあります。

ボランティアに向き合ってみるのも 新しい自分を発見できる

ひとつのいいキーワードかも知れませんよ。

       (多くの方がチャレンジ中@ほほえみ M)

市会議員へ

「貴女ね、市会議員に出なさい」

今日、お邪魔した施設でお会いした入所者の方に言われました。

2週間前の訪問で初めてお会いした方です。

今日も前回の事を覚えていて下さって・・・。

「こんなボランティアしているんだからね。え~!ほほえみって150人も

集まっているの。すごいね。そんなみんなが集まるって何かあるのよ。

きっと魅力のある会なんだろうね。」

「あなたも10年もそんなボランティアして、市のためにやっているんだったら

やっぱり市会議員になりなさい。選挙はいつ?女性議員だっているでしょ」

80歳ぐらいのこの女性。福祉に関わることは、すぐに行政と結びつけられる。

私が、「ボランティアの社会貢献と市会議員の仕事と一緒なんでしょうかね。」

と言っても耳を貸さず、市会議員の一点張り。

最後は、「タスキをかけてここに来たら 応援するから」とまでになり

「頑張るんだよ」とエレベターの前まで送って下さいました。

       (応援有難う@ほほえみ M)

岸和田

IMG_4400a.jpg
 
岸和田のだんじり祭りは、もうすぐ?

一度も生で拝見したことはありませんが、本日 岸和田社協へ

伺う時に駅前は紅白の幕と共に、提灯がいっぱい。

3年ほど前に立ち上がった傾聴ボランティア「ラポール」も

活動場所が8か所に増えてメンバー急募。

今回の講座で何人が入会くださるでしょうか。

         (実習はこれから@ほほえみ M)

在宅と施設の違い

9月2・3・16・17日の4日間、島本町社協の「そよ風」の研修講座。
IMG_4387a.jpg

今、施設とデイの4か所で26人、2年の活動。

今度、在宅傾聴も考えてみては? ってところでの研修です。

講座の後、時間をくださいと 傾聴のお話でなく 団体運営での

ご相談が続きました。

みんなの活動をどう活発にするか、結束力、お休みがちな方への

フォロー、組織の在り方などお悩みがいっぱい。

ボランティア団体は日々の活動に追われると、こうした組織運営が

とても下手なのです。私が20数年前ボランティアを始めた時に、

社協の門をたたいたのも実はこれが教えて欲しかったから。

でもそんな事 ちっとも教えてくれなかったわ。

        (ラコルタの仕事よ@ほほえみ M)

プロフィール

吹田傾聴「ほほえみ」

Author:吹田傾聴「ほほえみ」
五感を使って、ゆっくり呼吸合わせて優しくお話を聴くボランティアです。H30年度は吹田市内26か所の高齢者福祉施設を訪問し,在宅も含め年間延べ約1万人以上もの方に関わりました。子育て支援傾聴も8年目になりました。人は人によって元気をいただくことができます。吹田市民公益活動センターや吹田市社会福祉協議会の登録団体です。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR