FC2ブログ

吹田傾聴「ほほえみ」

高齢社会、私たちには何ができるのでしょう。私たちも高齢者です。シニアピアカウンセリング。傍らに寄り添い耳を傾け、優しい時を過ごすボランティアです。

クリスマス

今日はクリスマスイブ。

丁度 今日伺った施設では クリスマス会を開催されて

いました。

赤に白い縁取りのサンタ帽子やトナカイの耳のカチューシャを

入所者の皆さんがかぶって 、AKBのダンスをする職員さん。

「みなさん、クリスマスの思い出ありますか?」と問われても

答えられる方はありませんでした。80年ほども前に、クリスマスを

していた家庭などなかったでしょうから、子どもの頃の思い出としては

何もないでしょう。でも今日は、サンタからのプレゼントを受け取り

ケーキ   を食べて にっこりの日でした。

       (ご馳走もチキン@ほほえみ M)
スポンサーサイト



10周年記念事業 実行員会

 吹田傾聴「ほほえみ」 10周年記念事業 

日時:2015年5月30日(土) 午後1時半~

会場:千里ニュータウンプラザ 2階 千里市民ホール

記念講演: NPO法人 ホールファミリーケア協会
               鈴木絹英 先生
演題:(仮題)「傾聴を活かして地域づくり」
         ~今だからこそ必要な傾聴~

活動紹介:吹田傾聴「ほほえみ」の沿革

      :日々の活動の様子を寸劇風に
        (モデルロールプレイ)

その後、懇親会も予定。

盛りだくさんの計画ですが、本日も順調に実行委員会を開催。
IMG_4968a.jpg
IMG_4969a.jpg
 
        (どんどん盛り上がってます@ほほえみ M)

95歳の涙

後、2週間もすれば新しい年。

今日も施設に午前・午後とお邪魔した。丁度、どちらも95歳の

男性にお会いした。そして、おふたりとも奥様に先立たれて

いらっしゃる方。お一人は、ビルマ戦線の経験者,もうお一人は北京

で終戦。大変なご苦労をなさっている方々なのです。

午後にお話した方は、今日初めてお会いした方で、30分ほど

お話しているうちに「私は、ダメ人間です。家内にも子にも先立たれ

もう何もできない。生きている価値などない。」と泣きだされた。

「〇〇さん、ご家族に先立たれてそう思われるのでしょうか。お辛い

気持ちがそう思わせるのでしょうか」「もう、何にもない。何もできない」

大柄のがっちりとした95歳の男性が、男泣きされました。

「〇〇さんは、95歳でもこうして私としっかりお話されるし、ご自分で

歩くこともおできです。お食事だって一人で召し上がれるでしょう。

そのお歳でご立派ではないですか。それに戦争や引上げや、大変な

経験をしっかり乗り越えていらっしゃったんですもの」「あんたな。

わしはな、あんたが思うほどの人間やないよ」「私初めてお目に

掛かったのですが、こうして拝見させて頂いて、人生をとてもまっすぐに

歩いていらっしゃった方にお見受けします」と正直な印象をお伝え

しました。もっとお話させて頂きたかったのですが、時間がなく

「来年、また伺いますから次回はもっとお話させてください、今日はお話して

下さって有難うございました。」と握手して失礼した。


           (来年にまた@ほほえみ M)

夫婦で

冷たい雨の中、昨日は貝塚市中央公民館へ。

IMG_4917.jpg

この夏から活動を始めた傾聴ボランティアのスキルアップ。

12人ほどで、3施設を訪問されていますが、ご夫婦で活動を

なさっている方からいいお話を聴きました。

「今まで高齢者施設の様子を知らなかったけど、入所されている

方のお話を聴き、いろいろ考えるようになった。夫婦でこれから先

介護が必要になったらお互い、すぐ施設を考えないで在宅介護を

しようと話しています。」 そう、二人で仲良くお話なさる笑顔が

とても素敵でした。

       (羨ましい夫婦@ほほえみ M)

    

活動のあとで

今年も最後の活動。入所の皆さんにも「良いお年を!」

「来年も一緒に楽しみましょう!」とご挨拶。

ボランティア室に引き上げて、「みなさん、お疲れ様」

141215_1504~02
可愛いクリスマス仕様のチョコレート!

お義母様を介護しつつ、ボランティアを続けている彼女が

「今まで、嫁として嫌々の介護をしていたけど、主人にとっては大切な親。

その親が弱っていくのを見ている主人も可愛そう。すすんでお世話

して上げようと思うようになった」と話しつつ持参くれたのです。

「えらい! みんなで、拍手!

みんな、いくつになっても いろんな想いを抱え、学び、成長をして

いくものなんですね。これも高齢者に関わるボランティアしているから

こその 気づき?

      (素敵なプレゼント@ほほえみ M)

胸が半分

金曜日に訪問する施設では、グループ傾聴です。

2か所のお部屋でするんですが、ボランティアが8人も

集まった上に参加者も多く部屋から 溢れ気味の人数。

丁度、グループ傾聴には参加せず、廊下で険しい顔をされた方に

お会いしました。こちらのお部屋にはいらっしゃいませんか と

お声を掛けると「〇〇へ行きたいんだ」とおっしゃる。「〇〇へですか」

「何しに行きたいんですか」「相談に行きたいんだ」「相談ですか」

「わしはお金をだまされ無一文になった。・・・・・」長い長いお話が

続きました。途中、手招きされ自分のベットの横に座れと言われ、

カーテンも閉めて、生い立ちのころから 今困っていることから、

涙を流しつつ、またにっこりと仲の良かったお姉さんを思い出して

こんな話をしたのは初めてと 懸命に話されました。

「だから私はここから出たいのよ。あんた連れて行って」と頼まれて、

「××さん、よ~くお話は分かりました。どうしてここから出て〇〇に

行きたいのか。でもごめんなさい、私が連れて行ってあげられないのよ」

〇〇は、それに遠いよね」と言うと 大切に靴下に何重にも包んだ財布を

取り出し、「これでは切符代にも足りんな。でもあきらめずに、正しく生きて

いれば必ず行ける時が来ると思うよ」 「××さん、お偉いですね。」

「有難うね。胸の半分が軽くなったよ」と自分の左胸をさすっておいででした。

「××さん、今日初めて会ってこれだけのお話をしてくださって有難うございました」

本当に驚くような 出来事をお話下さり、聴き手としても嬉しかったです。

          (人生って色々@ほほえみ M)

パフェ・パフェ

沢山のパフェ!
  
どう? 美味しそうでしょう。

a_201412101909055d5.jpgs.jpg
 
本日、今年最後の活動を終えた施設のみんなで茶話会を。

パフェなんて、久しぶり! と美味しく頂きました。

また来年。どうぞ良いお年を! 

              (すでに年末@ほほえみ M)

寒風の中で咲く

a_20141205222618d92.jpg
 
今年も咲きました。ヒマラヤ桜。

師走に咲くこの花は、金曜日に訪問する施設前の街路樹。

染井吉野より少し早く落葉すると、すぐに咲きます。

きっと日本の寒さは、ヒマラヤでは春の暖かさなんでしょう。

どんな環境でも、その地に合わせて咲くなんて、なんと

強くて美しいのでしょう。

今日も在宅の方と施設の方のお話を聴きました。丁度、同じ歳。

どちらで生活されていても、自分らしく、上手に生活されている方で

いらしたので、ほっこりさせて頂きました。

       (自分で選択し自分らしく@ほほえみ M)

きらり活動員

昨日は、松原市役所へ。IMG_4884a.jpg

介護予防の事業で、65歳以上の方が福祉施設等でのボランティアを

することで 1時間 1ポイントをもらい、年間50ポイント獲得できます。

1ポイント100円に換算。吹田でも「介護サポター」と呼ばれ 介護保険料

を5000円引いてもらったりできるのです。

IMG_4888a.jpg

施設で活動するときに、ボランティアが主役を取らないで、あくまで脇役を

ボランティアがすること。話し手を王様にしてください。

    (まずあなたの口を塞いで@ほほえみ M)
プロフィール

吹田傾聴「ほほえみ」

Author:吹田傾聴「ほほえみ」
五感を使って、ゆっくり呼吸合わせて優しくお話を聴くボランティアです。H30年度は吹田市内26か所の高齢者福祉施設を訪問し,在宅も含め年間延べ約1万人以上もの方に関わりました。子育て支援傾聴も8年目になりました。人は人によって元気をいただくことができます。吹田市民公益活動センターや吹田市社会福祉協議会の登録団体です。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR