FC2ブログ

吹田傾聴「ほほえみ」

高齢社会、私たちには何ができるのでしょう。私たちも高齢者です。シニアピアカウンセリング。傍らに寄り添い耳を傾け、優しい時を過ごすボランティアです。

在宅傾聴

在宅訪問活動のシステムを、昨年春から 少し変えました。

社協からのご依頼で、すぐに心当たりのボランティアを会の

担当者が探して、社協担当者と直接に訪問してもらっていました。

昨年からは社協からの依頼は、担当者が受けてから、

まずその担当者と社協や紹介者であるケアマネ、CSWと

一緒に訪問します。対象者の方や依頼者と実際にお会いして

詳しい状況や希望をおききするのです。駐車場の有無、犬猫の

数までボランティアにお知らせしつつ 訪問して下さる方を

一斉メールで募ります。手を挙げて下さった方から、条件の

合う方ともう一度 一緒に訪問してお引き合わせします。

丁寧にコーディネートすることで、活動が広がるとやってみました。

すると、色々な問題点は見えてきました。それだけ、いろんなケース

での依頼が増えてきたこともあります。ガン末期の方、若くても

人との関わりが持てない人、体が不自由で外界と閉ざされている方。

施設では認知症の方が多いのですが、在宅は本当に話がしたい方が

多いのです。
          (様々なケースが@ほほえみ M)

スポンサーサイト



きらり活動員

12月に続き、2度目の松原市へ。
DSC00125a.jpg
天王寺から近鉄 準急で一つ目の駅。人口12万ほどらしい。

高齢者の介護予防のための施策、地域でお互いに支え合い。

吹田市では介護サポーターと呼んでいます。

その養成講座が6時間あり、その2時間で傾聴を学んで

頂きました。参加者は普段からボランティアをされている方が

ほとんどのようでした。
DSC00128a.jpg
 まずは、人の話を聴くなら自分で喋り出さないこと を

念を押しておきました。

     (大阪のおばちゃんは特に@ほほえみ M)

新年会

吹田傾聴「ほほえみ」恒例の新年会
DSC00053a.jpg
 57名の参加。お店貸切です。カンパーイ

a_20150124155823bb5.jpg
 
DSC00063a.jpg

ご挨拶下さったのは、奈良の斑鳩から以前は通ってボランティア

していた方。今は大和郡山の団体で活動中。

DSC00076a.jpg
DSC00071a.jpg
 DSC00091a.jpg
幹事さんのお世話で、ビンゴ商品も用意されて、いざ
DSC00095a.jpgDSC00097a.jpg
DSC00098a.jpg
先着10人までが、ケーキが当たりました!でも大丈夫、全員に賞品が当たるように

手作り品も用意くださいました。

普段、なかなか活動場所が違って会えない会員同士の、親交を

2時間ほどでしたが深めることができました。

5月の10周年を盛り上げていきましょう。

         (いい笑顔で@ほほえみ M)

奈良県傾聴ボランティア連絡会

昨年の夏より 月1回訪問している奈良県社協へ。

DSC00034a.jpg
 
いつもの畝御陵前駅ではなく 大和八木駅下車。

人身事故で電車が止まり 車で迎えに来ていただきました。

今日は受講生のみなさんが、施設実習された報告会で振り返り。

いい経験になったとこれからのボランティア活動をやる気満々。

3月22日には、奈良県傾聴ボランティア連絡会を開催される準備も

できて 来年度の講座日程も決まりました。このブログで奈良県にも

できたらいいな~とつぶやいたのをご覧くださり 実現したのです。

      (言ってみるものです@ほほえみ M)

お蔭様で

心配しておりました子育て支援傾聴ボランティア養成講座。

すでに本日、31人の申込みがありました。

良かった!! 

その上、31人目は在宅訪問の依頼時に、こちらから押し売り。

「家に閉じこもって、なかなか人と関わることがない」と 訴える方に

「それなら一緒にボランティアしませんか?」

講座に参加すればお友達もできるかも・・・・と。

2月末からの講座が、とても楽しみです。

         (また、新しい仲間が@ほほえみ M)

募集中

1月の吹田市報に掲載されているのに、すっかり見逃して

いました。年始年末で バタバタしてて。

IMG_5115a.jpg
 
1月6日より 募集中。

2月23日 3月6・13・20・27日の5日間。午前10時15分~

夢つながり未来館の山本館長,や子・己育ちリリーフの小谷さん

のびのび子育てプラザの宮所長など多くのみなさんに講師を

お願いしております。 行政・社協・ほほえみ 3者の共催です。

今回も多くの方のお申込みがありますように、どうぞ皆さん

広報お願いします。
        
        (申込み待ってます@ほほえみ M)

お正月の過ごし方

今年も2週間が経ち、エンジンも快調で進んでいます。

施設にいらっしゃる方にお正月の様子をお聴きすることが

多いです。「どんなお正月でしたか」「お正月はどうでしたか」

そんなお話で、しっかりお返事が返ってくる方は半数もいらっ

しゃいません。「正月?」「正月なんて知らんな}「いつ?それ」

でも中には、「おせちも出てね。御屠蘇も頂いたよ。」

「お正月なんてそんなもん、いっつもと変らんよ。」

1年で一番の行事。そのイベントさえ、なかなか入居者に

楽しんでもらえない。日々の介護に追われてしまう。

でも入居者にとって、一番嬉しいのはご馳走でもなく

華やかな雰囲気でなく 自分の愛する家族が顔を見せて

くれること。

          (大切な人@ほほえみ M)

         







新しい課題

いい施設ができたらいいな~。

介護現場に笑顔があればいいな~。

少しでも、介護スタッスのスキルがあがればいいな~。

私たちがお世話になるだろう施設や介護現場が、私たちにとって

嬉しいものになるために、始めた活動です。

今、介護を受けている方に接することで、様々な気づきを頂き

学ばせて頂いています。でも、その方たちのお話を聴いている

だけでは済まない現実も突き付けられることがあります。

特養など、介護保険下でのサービスなら行政の関与もあり、

第三者評価もあります。でも介護保険外のサービスや、在宅

のケースでは、ボランティアがつい、手助けしたいケースが

出てきています。何も手出しせず聴くだけのボランティアでは

済まない現実。その狭間に揺れます。

また、新しいボランティアを生み出して行く必要があるかも。

市民活動していると見えてくるものが広がっていくのです。

       (これからの活動@ほほえみ M)

在宅訪問依頼

今年は春から 縁起がいいわい~

でなく、忙しいわい です。

この年末より依頼が殺到。12月中旬より7件ほど

来ております。様子を伺いに、まずは社協担当者と

訪問しますが、そのスケジュールを調整するのが

大変です。知らない地域を訪ねるのも、ネット検索して

行くのですが現場に行くと迷います。

包括センターのケアマネご紹介が多く、依頼の半数は男性。

ご家族がいらしても家から出ず、話すこともないし、

デイサービスにも行かないので・・・。

施設での傾聴とは違い、待ってくださっているのでボランティアと

してはとても遣り甲斐はあります。お話は弾み、1時間で終わらせて

帰るのが大変です。順次、依頼者情報をながしますので、会員の

みなさん、どうぞ手を挙げて下さい。

            (今日も依頼しました@ほほえみ M)

新年おめでとうございます

もう、3日になってしまいましたが、

新年、明けましておめでとうございます。

今年は、元旦から『雪』。
IMG_5095a.jpg

5月には吹田傾聴「ほほえみ」の10周年事業が待っています。

傾聴ボランティア団体として、160人もの大所帯。

その活動の様子や工夫を、多くの方に見て頂きたいと

5月30日の土曜日に、NPO法人ホールファミリー協会

理事長 鈴木絹英 講演会も開催します。

どんな事業ができるか、今からとてもワクワク

       (いいお正月ですか@ほほえみ M)
プロフィール

吹田傾聴「ほほえみ」

Author:吹田傾聴「ほほえみ」
五感を使って、ゆっくり呼吸合わせて優しくお話を聴くボランティアです。H30年度は吹田市内26か所の高齢者福祉施設を訪問し,在宅も含め年間延べ約1万人以上もの方に関わりました。子育て支援傾聴も8年目になりました。人は人によって元気をいただくことができます。吹田市民公益活動センターや吹田市社会福祉協議会の登録団体です。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR