FC2ブログ

吹田傾聴「ほほえみ」

高齢社会、私たちには何ができるのでしょう。私たちも高齢者です。シニアピアカウンセリング。傍らに寄り添い耳を傾け、優しい時を過ごすボランティアです。

バリデーションの研修会

本日6月30日はバリデーションの研修会でした。

関西福祉科学大学教授 認定バリデーション・ティチャー

都村尚子先生に、ご多忙のところお越しいただきました。
36416196_2070579333193961_7343949718843555840_n.jpg
ほほえみの会員も地震後、まだ落ち着かない中でしたが、70名近くも

集まりました。
36484298_2070579263193968_170715595577229312_n.jpg
傾聴とバリデーションの共通点はたくさんありました。

一番の共通点は、お相手に優しく寄り添う というところでしょうか。

お相手との呼吸を合わせて、認知症の方として接するのでなく人として

認め、受け入れる。共感する受容するところだと思いました。

バリデーションも日本の介護現場で、言われ始めて20年も経っていません。

傾聴ボランティアより新しいコミュニケーションの取り方です。

今日の研修会で一番大きく納得したのが、エリック・エリクソンの

ライフタスク論で、老年期を迎えた人は、自分の人生を振り返り成熟

(統合)をしていく作業をする言われている。認知症の方でもそれは

あり、自分でそれを順序立てて考えられなくなると行動によって、それを

表すと言う。机をずっと拭き続ける人、机をたたく人、自分をたたいている人

服をつまみ運針のように動かす人。みんなその行為の中にその方の人生の

振り返りが込められていると言うのだ。行為に表すほど認知症が進んでなくて

お話できる人は、生まれてから今までの人生をお話されることは本当に多い。

すべてそうした行為は、統合のために行われる。その時、「頑張って来られま

したね」の言葉が、その統合の支援になると言うのだ。

それは、傾聴ボランティアとして普段からしている活動そのもの。

           (活動は理にかなっていた@ほほえみ M)


スポンサーサイト



大阪府北部地震

6月18日月曜日の午前8時前、吹田市北部では震度6弱。

南部でも5強の大きな揺れがありました。

幸いにも吹田では家財が倒れたり、食器が壊れたりぐらいの被害で

済んだことは幸いでした。
36331145_2068351046750123_2910891828343472128_n.jpg
本日、在宅訪問の定例会で、「いつもボランティアで訪問している方が

おひとり住まいなので、気になって安否確認のお電話をしてしまった」と、

活動では決められていないことなので、「良かったかな?」との質問が

出ました。 「こんな時だからこそ、そんな気遣いが必要ではないか。」と

みんながその行動に対して、了解しました。

在宅訪問もこのところ、活動が減少していましたが、急に3件の

依頼が入り、本日担当者が決まりました。

       (在宅も頑張ってます@ほほえみ M)




20回目が終了!

20180615_144244.jpg
2018年6月15日 (金)梅雨時のパラパラと雨模様の

不安定なお天気でしたが、無事に本日終了しました。

高齢者対応傾聴ボランティア養成講座。

24名のお申込みをいただき、本日入会届を出して

7月からの会費900円をお支払いくださった方が14名。

少し思案しますと数名の方がおっしゃっていました。

記念すべき20期生です。また、素敵な仲間が増えました。

ボランティアを待ってくださっている方が、沢山いらっしゃいます。

「あなたが来てくれるのを待っていたわ」

「よく来てくれたね」「元気だった?来ないから病気しているかと

心配していたよ」そんな嬉しい言葉をいっぱいもらえるボランティア。

あなたの笑顔を施設に届けてください。

        (笑顔の配達人@ほほえみ M)

島本町 「そよ風」

6月12日に島本町で、本年度の養成講座が終了。

もう8年ほどになるでしょうか。毎年、養成講座に伺って

います。最終日は、そよ風の月1回の定例会でしたから
20180612_153808.jpg
みなさんが集まり、新しく入会されたみなさんと、はい!チィーズ(*'ω'*)

入会届を出しながら、「私にぴったりのボランティアが見つかった」

「講座を受けて、とてもいい仲間に会うことができた」と笑顔を

いっぱい下さいました。

そよ風も、3施設と在宅訪問も続けながら、頑張ってられます。

来週から、羽曳野・生野区・香芝市・松原市・吉野町・天理市・

岸和田市・八尾市・葛城市・桜井市・大和郡山市・住之江区などに

伺う予定です。その先々で、ボランティアが地域に根差した

活動をしています。そんな仲間の力を、またいっぱい見せて頂いて

元気をもらっています。

           (吹田も15日が最終 ほほえみM)






平成30年度大阪府傾聴ボランティア連絡会

6月6日の梅雨入り?の雨の日。

本年度第1回大阪府傾聴ボランティア連絡会が、クレオ大阪南で

開催されました。
20180606_140333.jpg
2011年の2月に、吹田市で設立記念講演会を開催して、

2013年2月に、会則ができ正式に活動が始まりました。

設立当時は、どの団体も歩み出したばかりで、運営どころか

どう会を持って行けばいいかが分からず不安ばかり。

お互いの活動発表をしながら、自分たちの困っていることの

ヒントを得たり、元気をもらったりして年2回の会合を重ねて

います。吹田が最初から世話人をしていますので、そろそろ

交代を!と申し出ましたが・・・・。😢

会計の堺市美原の会計さん共々、残留と相成りました( ;∀;)

        (今度は2月22日@ほほえみ M)
プロフィール

吹田傾聴「ほほえみ」

Author:吹田傾聴「ほほえみ」
五感を使って、ゆっくり呼吸合わせて優しくお話を聴くボランティアです。H30年度は吹田市内26か所の高齢者福祉施設を訪問し,在宅も含め年間延べ約1万人以上もの方に関わりました。子育て支援傾聴も8年目になりました。人は人によって元気をいただくことができます。吹田市民公益活動センターや吹田市社会福祉協議会の登録団体です。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR