FC2ブログ

吹田傾聴「ほほえみ」

高齢社会、私たちには何ができるのでしょう。私たちも高齢者です。シニアピアカウンセリング。傍らに寄り添い耳を傾け、優しい時を過ごすボランティアです。

スターペアレンティング

もうとっくに子育ての大変な時期が過ぎてしまった

会員が多い中、子育て中の親の教育ブログラムを

傾聴ボランティアの聴くスキルに役立てようと

研修しました。
47095077_2180781812173712_6767830373490491392_n_20181130174639322.jpg
NPO法人女性と子どものエンパワメント関西より先生を

お招きしました。

考え方の根底が

「人は自分で考えて行動し解決する力を持っている」

「人の多様性を認める」

「悪いところに視点を持たず、良いところを褒める」

「否定の言葉でなく肯定的な声かけ」

「感情をしっかり共感する大切さ」

すべて傾聴に繋がる、傾聴の関わり方と同じでした。

認知症の方と同じで、話せない子どもたちも向かい合う人の

気持ちはよく分かります。言葉がないからこそ伝わるものが

あります。

その大切さに「聴く」活動をしていると気付かされます。

          (伝わる想い@ほほえみ M)
スポンサーサイト



来年の予定

リーダー養成講座に大阪府・奈良県から多くのボランティアが

参加くださいました。これも8年も前から大阪府傾聴ボランティア

連絡会で、年2回集まり情報交換や事例発表をしているからです。

2月に予定している会場を、近くの方に予約していただきました。

日時:2019年2月22日(金)午後1時30分~3時30分

会場:クレオ大阪南 (地下鉄 喜連瓜破駅5分)

どなたでも出席可能です。傾聴ボランティアに興味のある方も

お越しください。

そして第7回子育て支援 傾聴ボランティア養成講座

日時:2019年2月8・15・22・28日 3月8日 (金曜・28日だけ木)

    午前10時15分~12時15分

会場:ゆいぴあ(阪急山田駅前)


養成講座の募集は1月市報に掲載されます。

吹田市社協に申し込みください。

         (今年もわずか@ほほえみ M)




先が見えた!

14時間の長い講座が、昨日無事に終了することができた。

46357863_2173096039608956_8834823100253077504_nz.jpg
僭越ながら、41名の方に「第2回傾聴ボランティアリーダー養成講座

 修了証書」をお渡しすることができた。

多くの団体が次へのバトンを渡す難しさを課題としている。

団体設立した代表の想いを引き継ぐ次世代に、運営だけの

負担を任せていくだけでは引き受け手はいない。

ボランティアは個人の喜び、満足感、達成感で続けていけるが、

団体を継続させるためには団体の理念・使命を共有できていないと

いけないと思う。

リーダーはそれを会員みんなで共有できるようにしていくことが

必要だと、今回の講座を企画・開催した。

そして私は、普段の活動ではリーダーは環境整備が役割と思って

いる。会員が活動しやすい環境を作り、会員を守ることが大切。

活動場所の施設との話し合いや、確認書の整備、緊急マニュアルの

整備、研修会開催などすべて繋がっている。

そのお陰か、NPO法人傾聴ボランティア協会鈴木先生からも

ボランティア団体での規模は日本一大きいし、会員の素晴らしさを

褒めていただいた。

              (お疲れ様@ほほえみ M)
             

            

ボランティアできる!

今日は、傾聴ボランティアができる日(^^♪

他市での講座が続き、今月は活動できるのは2日だけ。

その2日とも、送迎ボランティアも兼ねている。

4年前に倒れて、失語症になった仲間を活動場所に。

いつもその彼の姿に、励まされ教えられる。

大病を患い後遺症が残ったのに愚痴ひとつ悲しい(>_<)顔ひとつ

見せない。私たちの前だけかと思い聞いてみたことがある。

「案外、そんな自分を受け入れることができた」と、平常心。

この間も他市で、彼と同じ病を持った方が養成講座に来られ

できるでしょうか?と尋ねられ、彼の話をした。

話が流暢にできないからこそ上手に「傾聴」ができたり、補聴器を

付けないと聞えないからこそ「聴ける」ことがある。

ボランティアの仲間には、他にも多くの障がいを持ちつつ活動して

いる仲間がいる。

活動でお目にかかれる高齢者だけだなく、こうした仲間に会える

楽しさが、活動を続ける原動力になっている。

活動できる幸せ(^^♪ 今日は、活動に行ける!!

        (活動が好き@ほほえみ M)

傾聴ボランティアリーダー養成講座開催中

20181110_130504.jpg

11月10日(土) 午後1時~5時  吹田市立市民公益活動センターで、

第2回「傾聴ボランティアリーダー養成講座」が始まりました。

大阪府下の松原市・八尾市・富田林市・茨木市・堺市美原

大阪市生野区・羽曳野市 奈良県河合町と他市から18名、

ほほえみ会員も30名弱ほどの参加でした。

熱気に満ちた会場の中、まずはリーダーシップとはもともとの力で

なく、団体運営の中でみんなで育んでいくものと柳瀬センター長の

お話しがありました。

団体運営を考える前に、団体の現状分析もしました。

メンバーの主体性・愛着を育む人材を育成するためには、

日々のマネージメントを工夫する必要がある。

団体として、年間計画・ミーティングのやり方を見直し、メンバーの

個性を生かし、それぞれが遣り甲斐をもって自分の居場所として

活躍できる場も提供しつつ、団体としてその活躍をしっかり認め

支援できる体制をつくる大切さを学びました。

私も、ほほえみが傾聴ボランティア団体として、会員個人を見守り支援

できる体制をつくり、団体としてもしっかり成長しつつ社会貢献できる

団体になりたいものだと思っています。

実は、リーダーは団体の進むべき先を見、会員を守り、活動しやすい

ように環境整備をしていくものだと思うのです。

偉いわけでも、有能なわけでもなく、会員より少し団体について考え、

会員を大切にしていく役割があると私は思っています。

         (続きは来週17日13時から~@ほほえみ M)


 






吹田傾聴ほほえみの会員さんへ

グループ傾聴の研修会。

11月17日(土)午前10時~12時 予定通り開催します。

でも、会場の変更があります。

千里ニュータウンプラザ6階 ラコルタでなく、クリスタルホテルに

なりました。千里ニュータウンプラザ3階の陸橋を渡ったビル4階です。

今年、新年会をしたところです。

急遽の変更、申し訳ありません。多くの会員さんにお知らせして

いただきたいので、ご連絡を回してください。

         (連絡ください@ほほえみ M)

10年は寿命が縮みました

明日から始まる第2回「傾聴ボランティアリーダー養成講座」。

11月10日(土) 13時~17時

11月17日(土) 13時~17時

11月18日(日) 10時~17時  

17・18日はNPO法人日本傾聴ボランティア協会の鈴木先生

お越しいただくので、11月17日(土)10~12時は内部研修とし

「グループ傾聴のすすめ方」の講座をお願いしていた。

ところがどっこい、10日の午前10~12時のお部屋を取っていたのが、

今朝分かった。私は大和郡山での講座で車中。

私のミスが分かったときはパニック。しかしこんな時ほど、落ち着いて

どう対処できるかが試される。

あちこち電話もできず、講座前に分かっている会員に一斉メール。

事態の説明と、取り合えずこうしようと思っているが、いい方法は

ないか?と長掛けて、2時間の講座を終わらせた頃に、他の会場が

見つかったと連絡があり・・・・(^_-)-☆

10年寿命は縮まったけど、ほほえみの仲間の動きの良さと知恵に

感謝!!して、あ~!リーダー養成講座なんてしなくっても大丈夫だ!

と安心しました。団体としての力がある(^^♪

みんなに感謝して、明日からの講座に臨みます。

        (お疲れ様@ほほえみ M)

お久しぶり

11月も2週目。

このところ養成講座で、何度も大和路を訪れていますが

車窓から見る風景はすっかり秋色です。

20181026_125712.jpg

各地域で今年も傾聴ボランティア養成講座が開催され、

新しいボランティアが生まれています。

養成講座で「傾聴」を知りボランティアとして活動する時、

4~5日での講座で「傾聴」が身についているはずはありません。

10時間ほどの学びで簡単にできるものではないと思います。

頭で理解して、実行できるものでもありません。

ボランティアをして多くの方に関わってくださいとお話しています。

その中から、いろんな学びを得ることができるのです。

活動を続けて「傾聴」が上手くなったと思うのでなく、毎回毎回

振り返り、見直しが必要で、仲間同士でピアサポートをして、

困った事例、分からない事例はお互いにロールプレイをしてみて

みんなで検討し合うことが大切と思います。

そんな事例検討のロールプレイを昨日は、羽曳野市傾聴ボランティア

「楽花生」のみなさんと定例会の後に一緒にしました。


          (ピアサポート@ほほえみ M)





プロフィール

吹田傾聴「ほほえみ」

Author:吹田傾聴「ほほえみ」
五感を使って、ゆっくり呼吸合わせて優しくお話を聴くボランティアです。H30年度は吹田市内26か所の高齢者福祉施設を訪問し,在宅も含め年間延べ約1万人以上もの方に関わりました。子育て支援傾聴も8年目になりました。人は人によって元気をいただくことができます。吹田市民公益活動センターや吹田市社会福祉協議会の登録団体です。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR