FC2ブログ

吹田傾聴「ほほえみ」

高齢社会、私たちには何ができるのでしょう。私たちも高齢者です。シニアピアカウンセリング。傍らに寄り添い耳を傾け、優しい時を過ごすボランティアです。

初夏

61107775_2291056134479612_2190567835040743424_n.jpg

今朝、バジルが大きくなってきたのでサラダにのせた。

今朝の雨は、暑かった日が続いたのでほっとできる。

そんな中、緩和病棟に移ったとの連絡も受けた。

午前中は在宅のピアサポート、午後は第21回施設訪問

養成講座2日目。来月からは、第1回在宅訪問養成講座が

始まる。会場の公民館との打ち合わせ、共催してくれる

連合自治会とも詰めていかないといけない。昨日も奈良の

聞いたこともない村からの依頼も入った。

私のスケジュールはどんどん詰まっていく。

これが生きるってことなんでしょう。動ける幸せ、できる幸せ。

        (私にできることを@ほほえみ M)



スポンサーサイト



嬉しい連絡

昨日、見慣れない方からのメールが入った。

どなただったかな?と読んでいると、今年の2月に講座で

伺った傾聴ボランティア団体からだった。

その団体は、社協主催で講座が開催されて受講生が集まり

傾聴ボランティア活動を始め2年目ぐらい。

団体の定例会には社協がサポートに入り、活動先の施設との

コーディネートも社協がして・・・。

会員は日々の傾聴活動が主体になっている。

その様子を拝見し、ボランティア活動は自主性が大切との話や

市民の視点で自由に活動できるからこそ楽しいし、自発性が

生まれるとお話ししました。総会も年間計画を立て、中長期の

目標も持つことが会として強くなることでは?

昨日のメールには年間計画も添付され、「社協からも自立をして

活動を始めています。」との嬉しい報告もありました。

そんな立ち上がった団体の支援になればと、大阪府傾聴ボランティア

連絡会も世話人をしています。

5月24日(金) 午後1時半~3時 大阪クレオ南で開催します。

どなたでもお越しください。

                (地下鉄喜連瓜破駅すぐ@ほほえみ M)

令和の学び

第21回傾聴ボランティア養成講座が、吹田市岸部市民センターで

5月14日から始まりました。21回にもなりますが、市民センターで

開催するのは初めてです。
60413355_2281763398742219_6101406811003289600_n.jpg

いつも会場は活動する高齢者施設をお借りしていたからです。

講座内容も、その施設スタッフにお願いし「高齢者の心理・

認知症の方への関わり方」をお話しいただくのですが、今回は、

「認知症サポーター講座」を組み入れています。

昨日は森ノ宮にあるNPO大阪府高齢者大学での、傾聴講座が

始まりました。来週には吹田市東山田公民館、松原市、来月は

宝塚市、吹田市民生委員、吹田市東佐井寺公民館、島本町、

羽曳野市、橿原市と続き、吹田傾聴ほほえみの活動に

行けない日が続きそうです。

        (日々の活動が楽しい@ほほえみ M)


どうにもしてあげられない

今日の特養訪問先でのこと。

いつものように傾聴ボランティアで伺った施設で、しっかりと

された車いすの女性。とても機嫌の悪い顔をされている。

私は施設からご指名のあった方の横に座っていたのですが、

時折その方の話を聴いていたスタッフの声が大きくなる。

「お医者さんが言ってるんだから、それをきかないとダメでしょ」

「あなたがしんどいと言っても、どうしょうにもしてあげなれないわ」

「薬をもらっているんだから、それを飲むしかないでしょ」

高齢者の声は聞こえないけれど、スタッフの声はだんだん大きく

なって来て、その場を離れてしまった。

高齢者が「分かってくれないな~」とスタッフの背中に投げかけた声。

あ~!スタッフに傾聴して欲しいだけなんだろうと思った。

スタッフに傾聴を学んで欲しいとも思った。

帰り際にその車いすの女性に、「しんどいんですか」と声をかけた。

「眠れないの。50年も睡眠剤を飲んでいる。」「50年も!」

「今の薬が合わない。医者に薬を変えて欲しい。」「薬が効かない?

眠れないのはしんどいですね。」彼女は、今までどんな薬を飲んで

きたか、薬の説明を始めていきいきとした表情になってきた。

「薬に詳しいんですね。」 時間が迫っていてすぐに失礼したが、

彼女は眠れない自分の大変さを分かって欲しいだけなんだろうと

思った。

          (聴いて!! @ほほえみ M)
プロフィール

吹田傾聴「ほほえみ」

Author:吹田傾聴「ほほえみ」
五感を使って、ゆっくり呼吸合わせて優しくお話を聴くボランティアです。H30年度は吹田市内26か所の高齢者福祉施設を訪問し,在宅も含め年間延べ約1万人以上もの方に関わりました。子育て支援傾聴も8年目になりました。人は人によって元気をいただくことができます。吹田市民公益活動センターや吹田市社会福祉協議会の登録団体です。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR