FC2ブログ

吹田傾聴「ほほえみ」

高齢社会、私たちには何ができるのでしょう。私たちも高齢者です。シニアピアカウンセリング。傍らに寄り添い耳を傾け、優しい時を過ごすボランティアです。

15周年実行委員会

吹田傾聴ほほえみでは10月30日(水)の午後に、役員会・

運営委員会・15周年実行委員会と続けて3つの会議を持った。

それぞれに大切な議事があり、出席するメンバーも違う。

そこでは議長も必要、議事録作成者もいる。しっかりと議事に

対し意見を出して、みんなで考えることが大切。

昨日、書記さんから運営委員30名ほどにその時の議事録が

4枚ほどメール添付でみんなに送付された。

団体にとってこうした会議運営がとても大事なこと。

自分たちで考え、決断し実行していく力が必要です。

福祉のボランティア団体はどうしても、ボランティア現場だけに

一生懸命になって、こうした運営ができていないところが多い。

他市では、会議のデジュメや議事録や名簿作成に至るまで

社協スタッフにしてもらっている現状をよく目にする。

それで会員が集まらない、会員のスキルが上がらないと嘆いて

いるところが多い。もっと会として自立していかないと。

吹田傾聴ほほえみも15年。どんどん新しい意見を吸収して

変わっていかないと。

           (楽しみな15年@ほほえみ M)

スポンサーサイト



*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

吹田傾聴「ほほえみ」

Author:吹田傾聴「ほほえみ」
五感を使って、ゆっくり呼吸合わせて優しくお話を聴くボランティアです。H30年度は吹田市内26か所の高齢者福祉施設を訪問し,在宅も含め年間延べ約1万人以上もの方に関わりました。子育て支援傾聴も8年目になりました。人は人によって元気をいただくことができます。吹田市民公益活動センターや吹田市社会福祉協議会の登録団体です。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR