FC2ブログ

吹田傾聴「ほほえみ」

高齢社会、私たちには何ができるのでしょう。私たちも高齢者です。シニアピアカウンセリング。傍らに寄り添い耳を傾け、優しい時を過ごすボランティアです。

年末年始の宿題

施設訪問の傾聴ボランティアも今日の午後、今週の土曜日午前が

今年最後の活動となる。

どうぞ良いお年をとご挨拶をさせていただきながら、先ほども

失礼してきた。

1時間、お話をさせていただいた方から、宿題をいただいた。

「介護度5のこの私が生きている意味は何なんでしょう?」

今日、彼女はこの言葉を口にされた。

「何も一人でできない私が、生きている価値があるのでしょうか。」

とも言われた。

傾聴させていただくとき、自分のリスニングブロックに気付く

ことがある。聴きたくない話、話題にしたくない話をみんな

持っている。

自分の生きる意味をしっかり自分の人生を振り返りつつ考えることが

とても必要なのがシニア世代であること。その答えを出していくのが、

高齢者と呼ばれる世代の人生課題だそうですよ。

しっかり向き合っていらっしゃるんですね。

その答えはみんな違うし、自分なりに考えないといけない課題ですね。

「じぁ、この年始年末にあなたも考えてきてください」と宿題をいただいて

しまった。重いテーマですが。

「私もね。このテーマを一所懸命考えるんだけど、ふっと忘れて違うことを

考えてしまうのよ」あくまで、冷静に自己分析なさっていた。

認知症の方が多い施設で、これほどまで明晰な方はなかなかいらっしゃい

ません。

年始年末に自分の人生と向き合うことにしよう。

             (みなさんも@ほほえみ M)
スポンサーサイト



*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

吹田傾聴「ほほえみ」

Author:吹田傾聴「ほほえみ」
五感を使って、ゆっくり呼吸合わせて優しくお話を聴くボランティアです。H30年度は吹田市内26か所の高齢者福祉施設を訪問し,在宅も含め年間延べ約1万人以上もの方に関わりました。子育て支援傾聴も8年目になりました。人は人によって元気をいただくことができます。吹田市民公益活動センターや吹田市社会福祉協議会の登録団体です。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR